車検の費用☆お役立ちガイド

Home > 車検の費用について > 車検の費用にはなにがかかるのか

車検の費用にはなにがかかるのか

 マイカーを所有している人に2年毎に1回(新車は初回のみ3年後に1回、以降は2年毎に1回)訪れる車検ですが、車検費用の負担が重荷になっているという方が多くいます。
検査を受けないまま公道を走ることは違反になり、違反点数の減点だけではなく、罰金や懲役刑などの罰則が科せられることになるので必ず受ける必要があるものです。
では、実際にどのくらいの費用が発生するのでしょうか。
車検費用は自動車によって変わるので一概にいくらかかるとは言えませんが、軽自動車の場合でも平均して7万円ほどかかるとされているため、中には20万円近くの出費に悩まされるケースも少なくはありません。
そこで車検費用を少しでも削減するために、検査にかかる費用内訳を把握しておくといいでしょう。
車検費用には大きく分けて「検査費用」と「法定費用」が発生します。

 車検の「検査費用」とは、自動車の点検・整備・検査にかかる費用のことです。
これは車検を受ける工場によって費用が変わってきます。
車検を依頼できる工場にはディーラー、中古車販売店、車検フランチャイズ工場、ガソリンスタンド、民間車検工場などがありますが、一般的に高くつくのはディーラーだとされています。
しかし、ディーラーならではの知識や丁寧な検査をしてもらえるということで利用率はディーラー車検が最も高くなっているのも事実です。
基本的な検査費用は各工場のHPで確認ができるので比較してみるといいでしょう。
また、基本検査費用に加えて整備、修理、交換などが必要になった場合は別途で費用が加算されるシステムになっているため、具体的な費用を知りたいという方は各社から見積もりを出してもらった上で比較をするのがおすすめです。

 車検の「法定費用」とは、自賠責保険料・重量税・印紙代になります。
自賠責保険料は法律で加入が義務付けられている自動車保険のこと、重量税は車両重量に応じて納める税金のこと、印紙代は国および自動車検査独立行政法人に支払う手数料のことです。
これはどこで車検を受けても必ず同額の費用がかかります。
法定費用の金額は自動車のタイプや重量によって異なりますが、例えば車両重量の場合は同じ重量でもエコカーの場合は少し安くなり、13年を経過した自動車は逆に少し高くなります。
なので、13年を目安に買い替えを検討する方もいます。
ここから分かるのは法定費用は国に支払う費用なので節約はできないということです。
つまり、節約をするとすれば検査費用になるため、できるだけ安い費用で検査が受けられる工場を探すのが最前になるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る