車検の費用☆お役立ちガイド

Home > 車検の費用について > 車検費用の内訳とお得に済ませるコツとは

車検費用の内訳とお得に済ませるコツとは

 自動車を所有し維持していくためには、車検を受ける必要があります。
法律で義務とされており、車検を受けていない自動車は公道を走らせることはできません。
維持費の中でも高額になるので、二年に一度の車検がやってくるのは憂鬱という人も多いのではないでしょうか。
同じ自動車ならば、車検はどこに依頼しても同じと考えてしまいがちですが、依頼先による違いはかなり大きな金額の差となるので、よく考えてから選ばなくてはなりません。
車検費用には大きく分けると、法定費用と車検基本料があります。
法定費用は車の種類に応じ金額が決まっているので、どの業者で受けても金額が変わることはなく、当然のことですが値下げの交渉をしたり値切ることもできません。
法定費用に関しては、安くすることはできないということは頭に置いておくべきです。

 車検を受ける際には、まず見積もりを取ることになりますが、その際にしっかりチェックしておかなくてはならないのが、車検基本料です。
これは点検や整備費用、代行手数料であり依頼する業者による違いはかなり大きくなっています。
見積もりを取った時には、必ず見ておくべきであり、納得できるかを確認しておきましょう。
当然のことですが、古い自動車や走行距離が長い自動車の場合には、車検費用は高額になるので、車検を受けずに乗り換えるという選択肢も視野に入れておくべき場合もあります。
車検を受けたら次の車検まで壊れないというわけではなく、あくまでもその時に安全に走行できる最低限の基準を満たしているのかという、基礎のみいうことになるので、時には車検を受けた後すぐに壊れる可能性も秘めています。

 複数から見積もりを取ることにより、よりリーズナブルに車検を受けられるところを見つけることができます。
今の時代ならば、インターネットを使うことで簡単に見積もりを取ることができ、一括査定もできるので手間もかかりません。
しかしインターネット上の見積もりは、おおよそであり確実な金額ではないので気をつけましょう。
本当に車検を受けることで必要となる費用は、実際に自動車を見て判断してもらわないとわからないということは頭に置いておかなくてはなりません。
見積もりを取った時に、相場よりも大幅に高かったり安かったりという場合には、なぜその金額になるのか聞いてみるべきです。
内容を聞いて納得できた場合は良いですが、それ以外の時には相場と大差がない車間先を探しておくことも一つの手段です。

次の記事へ

TOPへ戻る